感染防止を大切にしましょう 地域で 皆様の身近で 健康・医療をつなぐ

処方箋調剤も、OTC医薬品も、かかりつけに

すべての医療機関の院外処方箋を受付ています
薬剤師は、処方せんのお薬について、副作用・飲み合わせ・飲み方などをチェックし、常に新しい情報も加えながら、医師や医療機関へ照会し確認や提案を行っています。

調剤は、お薬治療の安全を高めた状態にすること。そして安心してお薬を服用できるように
処方箋を受け取ってからお薬をお渡しするまでの間に、毎回、いろんな角度から薬学的判断を加た上で調剤を行います。
情報を確認、医師に提案し話し合う事もしばしばです。常に連携を図る。
患者さんの安全、医療の安全を高めるために、お薬治療が適切となるよう、患者さんが少しでも安心できるお薬治療の継続となるように。

在宅医療に対応した薬剤師・薬局として
在宅で医療を利用しながら過ごすために、より飲みやすくするためにお薬の調剤を工夫しています。
※薬剤師が訪問し服薬指導や経過の確認、ご家庭でのお薬管理の支援を行っています(※在宅訪問服薬指導・居宅療養管理指導)

お子様の服薬は心配?難しい?に応えています
お薬を服用させることに難しさや不安を感じるものです。気軽にご相談いただき、さまざまな事に応えたり調剤の工夫も行います。
ママ薬剤師も多いので経験談も交えて相談に乗っています。役に立ちますよ。

OTC医薬品(市販薬)を活用する。薬剤師が常にアドバイス、大切に提供しています
『要指導医薬品』『第一類医薬品』と規制されている医療用成分をそのままに効果の高い市販薬を薬剤師がアドバイスしています。
一緒に症状を考え、飲み合わせに対応したり、分かりやすく説明しています。
相談に応え、プライマリーな状態で症状の悪化を防ぎ・継続的な健康維持の支援を行います。
医療機関にかかっている方にも安心できるようにと考えています。
和光薬局では医薬品の選定だけでなく、ご相談内容から症状によって受診や検診も勧めます。
(これまでも変化に気付き医療機関へ繋いでいます)日頃から幅広く近隣の医療機関と連携していますのでご紹介もご安心ください。

薬局は、地域の中で薬と健康が専門の薬剤師がいる身近な情報ステーションです
和光の各薬局は、地域保健が高まり暮らしの応援に、医療では薬物治療をより安心安全に。
少子高齢社会の中、身近で相談しやすいところとして活用して頂きたいです。
医療機関や地域の組織、保健福祉の行政窓口などとの日頃の連携を活かし、地域の皆さんの暮らしの変化など、大切な健康づくりやお薬、病気、介護に必要な情報など一緒に考えることができます。様々な”つなぎ役”として役に立てればと思います。